HELP ME!!  我が家の異臭騒動

このブログは、2018年4月中旬から突然自宅で始まった、異臭原因を特定していただける方を募集するために開設したものです。

HELP ME!! 自宅(静岡県沼津市)の異臭騒動

 助けてください! 緊急告知

原因物質および発生原因を特定していただけた方には、

礼金 200万円 を贈呈させていただきます。

 

 このブログは、我が家(静岡県沼津市大岡1869-2)に突然起きた異臭騒動を解決していただける方を募集するために始めます。

 私たち家族は、2018年4月中旬から自宅内の全部屋に発生した原因不明の異臭発生によって、自宅に住むことができなくなってしまいました。

 臭いとしては、「機械臭」「甘い匂い」「塩素系」「3種が混ざったような臭い」および「ムッとするような臭い」が発生当初から現在(2018年10月)までの間にああります。

 また、塩素系の臭いについては、郵便受け、および、自家用車でも発生しました。

 私は、異臭が発生した2018年4月中旬から現在(2018年10月)まで、対策を講じてみたり、検査をしたりと手を尽くしました。

 

 ・実施した検査と結果:

  1. シックハウス検査の実施 (パッシブ法による検査)

   →結果:シックハウス原因物質は基準値以内でした。

 2.ガステック検知管による塩素検査の実施

   →結果:検出なし

 3.自宅内の物の自宅外持ち出しによる状況

   →結果:自宅内の衣類をはじめとする家財道具一式については、自宅外に持ち出  

       しての使用不可。

    理由)これらの物は、自宅外で、水に触れたり、温度上昇したりした場合に、

       物自体から臭いを発する/口に苦みを感じる/肌がピリピリする感じが

       するなどの人体への諸症状がでる。

 

 しかし、結果は、努力と期待とは裏腹に、原因を特定できず、何の問題の解決にもなりませんでした。
 
 また、臭いの毒性調査のために、2018年6月に「ヨーロッパ十姉妹」という鳥を2羽購入しました。
 →結果: 1週間後に1羽が死んでしまいました。
      残る1羽は、現在も生きています。
 
この臭い原因物質が、有害なものなのか、または、無害なものなのかも全く分かりません。

個人の力では、万策が尽きてしまい為す術がありません。

更に、このような状況の中、自宅の検査を実施していただける機関があるかもわかりません。そして、どのような検査が適しているのかも検討がつきません。

 

そこで、我が家の異臭騒動終結に向けて、お力をお貸しいただける方を募集することにしました。

 

<調査により、物質を特定し、且つ、発生原因を特定していただけた1機関に礼金200万円を贈呈させていただきます。

仮に、複数機関で同一の結果になりました場合には、礼金を按分とさせていただきます。

 (当方で、検査結果について判断しかねた場合には、参加いただいた全専門機関相互間の判断を仰ぎたいと考えています。)

(*誠に申し訳ありませんが、先の金銭以外には、調査費用や交通費等の一切を当方からお支払いすることはありませんので、あらかじめご了承ください。)

 

また、 検査実施してくださった機関及び各検査結果につきましては、実施していただいた各機関の公平性の観点より、順次、本お願い掲載ブログ「HELP ME!! 我が家の異臭騒動」(https://nbiru1869.hatenablog.com)上で情報公開をさせていただきます。

現在(2018年4月中旬~同年11月)までの異臭の詳細な状況につきましては、ブログ上で公開させていただきますのでご確認いただきました上で、ご検討いただきたく存じますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

室内化学物質特定調査の募集について

1.自宅の異臭原因をの特定するために、「室内化学物質特定調査の募集」をすることにしました。

募集内容は、以下の通りです。

 

f:id:nbiru1869:20180912144034j:plain

f:id:nbiru1869:20180912144059j:plain





 f:id:nbiru1869:20180912144119j:plain

 

PDFは、以下からダウンロードできます。

https://drive.google.com/file/d/1Gjl3-Zf9x6aP-AbTrYy_FHQHUzk4TOov/view?usp=sharing

 

2.また、2018年4月中旬~現在(2018年9月10日)までの異臭の発生状況、実施した対処法、異臭による人体の症状、および、自宅内の物への影響については、「自宅の異臭について」としてまとめました。

この調査参加の検討にお役立てください。

 

 ※ なお、本募集概要公開時から約2か月(2018年9月10日~2018年11月18日)を経て、変更箇所が出ております。

 変更点が反映されていないことにつきましては、お詫び申し上げます。

近日中に修正したものを公開する予定でおります。

修正版を公開するまでの間は、下記をご確認いただきたく、よろしくお願いいたします。

具体的な変更点「自宅玄関前に植物を置いて観察」(5頁)の植物について


公開時(2018年9月10日)   :現在、変化なし

現 在(2018年11月4日)   :上部の一部を除き枯れている


追加事項

カテゴリーの第三期」をご参照ください。

また、第三期については、下記内容となっています。

1.自宅内について

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 


nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

 

 

2.自宅内にあった物について

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

3.植物について 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

nbiru1869.hatenablog.com

  

 

4.自動車について

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nbiru1869:20180912144555j:plain

f:id:nbiru1869:20180912144636j:plain

f:id:nbiru1869:20180912144741j:plain

f:id:nbiru1869:20180912145022j:plain




f:id:nbiru1869:20180912145047j:plain

f:id:nbiru1869:20180912145126j:plain

f:id:nbiru1869:20180912145245j:plain

f:id:nbiru1869:20180912145318j:plain

f:id:nbiru1869:20180912145450j:plain

f:id:nbiru1869:20180912145605j:plain

f:id:nbiru1869:20180912145633j:plain

f:id:nbiru1869:20180912145717j:plain

f:id:nbiru1869:20180912145746j:plain

f:id:nbiru1869:20180912145815j:plain

f:id:nbiru1869:20180912145837j:plain

f:id:nbiru1869:20180912145904j:plain

f:id:nbiru1869:20180912145923j:plain

 

 

PDF

https://drive.google.com/file/d/1Ru5YKZJKsD6Wpv8tiPx1W0UK82oheZ_x/view?usp=sharing

 

調査の参加の有無にかかわらず、少しでも興味を持ったというだけでも構いませんので、お目通しいただけましたら幸いです。

ぜひお力添えいただける方がいらっしゃいましたら、ご連絡をいただきたく存じます。

よろしくお願い申し上げます。

 

 募集内容および異臭についての詳細は、次の記事「お知らせ」(2018年9月10日)にPDFで再掲載いたします。

 

  

f:id:nbiru1869:20181004000638j:plain

2018年11月21日:異臭との闘い㊶ー害獣が、やってきた!!

2018年11月21日

 

 我が家では、発生原因が不明の異臭に襲われて、人が住まなくなって、約5か月になった。自宅内に立ち入るのは、週に2~3回程である。この5か月の間は、虫1匹たりとも出会うことはなかった。室内は、毎回立ち入るたびに自宅を離れた時と何ら変わりのない光景だった。ただ、その静寂の中では、鳥が息をひそめるように佇み、時折「ジジっ」と鳴く声と、自宅裏のJR御殿場線の通過する際の車輪と線路の擦れる音だけが、聞こえる世界である。

 

 こんな我が家には、今回(2018年11月21日)、害獣と言われる「あの生き物」が来ていた。

 

  異臭の我が家は、どうやら「嫌われもの」が集まりやすいようだ。

 先月までの1カ月間は、玄関から自宅室内へとつながる階段ルームに、カメムシが訪問してきていた。

 約1カ月にわたり訪問し続けたカメムシは、自宅のある2階には行きつくことができず、その手前の踊り場で全て息絶えていた。

nbiru1869.hatenablog.com

  

nbiru1869.hatenablog.com

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

今回の訪問者(?)は、訪問者というよりは、侵入者といった方がよいのかもしれない。

 それは、自宅室内にいた。

 

 この日は、いつもと変わらず、ハロンガスマスクをして、鳥の世話をしに行った。この鳥は、異臭発生中の2018年6月に、ペットショップで2羽購入し、1週間で死んでしまった鳥の片割れである。

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 これより3日前に行ったときには、部屋の床には、その姿は、確実になかった

 

 この日、自宅室内の扉を開けて歩を進めると、リビングルームの先の物入れの前に、塊があるのが、目に留まった。最初は、前回立ち入りの際に、何か落としたのかとも思った。しかし、よくよく考えれば、自宅室内に物を持ち込んだ結果は、室内に充満している異臭物質が原因と思われる喉の痛みや身体のピリピリとする症状を引き起こすことになる。そのため、物を持ち込むことは、ない。

 

 もう少し近づいてみると、「それ」には、足がある。

 

さらに近づくと、「それ」には、細い糸のようなものがついている。

 

足元の「それ」は、半身のネズミだった。

 

f:id:nbiru1869:20181127023244j:plain

 

 人が近づけば、すっと瞬く間に姿をくらますネズミ。

そのネズミが、足元にあっても消えることはない。

このネズミは、自宅室内から立ち去ってからの3日間の内に、建物のどこからか侵入したようだ。

 我が家には、約5か月自宅で生活をしていないので、ネズミが好む食べ物はない。

そして、我が家は、殺鼠剤を撒いていない。

 それにもかかわらず、このネズミは、死んでいた。

f:id:nbiru1869:20181127023412j:plain

 

ビニール袋を手にはめ、ネズミに恐る恐る触ってみた。

 

正直に言えば、ネズミは、見るのも嫌なほどだ。

また、ガスマスクで滞在可能な時間が、限られている。そんな中で、出来ることなら、一目散に外に出たい。ネズミが、死亡原因不明のままいる室内にいることが、「自宅は、決して安全ではない」と警告しているようにさえ感じた。

 しかし、自宅内外の形ある物の変化は、保存しなければと、半ば義務感のようなものがある。なぜなら、変化のあった物は、本ブログで募集している異臭調査で調査の手がかりとなる可能性があるからだ。このネズミは、すでに死んだ鳥や、カメムシ同様に、保管しなければならない。

 

 ビニール越しに感じる最初の感触は、生き物の熱でも冷たさでもなかったーその生き物の柔らかさだった。

 触れた感じからすると、このネズミは、死後硬直が始まっていないようだった。死んで間もないのかもしれない。

 

 自宅1階の貸事務所は、2018年8月に退去して以来、空室であり、2018年9月上旬を最後に鍵をかけており、誰も立ち入っていない。自宅室内には、繰り返しになるが、殺鼠剤やネズミの餌となるものは、ない。 

このような状況では、ネズミは、殺鼠剤自体が存在しない我が家以外のどこかで、殺鼠剤入りの物を食べた可能性がある。

 しかし、自宅は、自宅を国道414号線とJR御殿場線に前後を挟まれている。そして、両隣は、中古車販売センターとマンションである。ネズミが殺鼠剤を食べて移動したとは考えにくい。

 可能性としては、自宅内が原因ということが考えられる。

自宅内では、室内の空気中にある異臭原因物質が影響を与えた可能性、または、異臭原因物質と関連する物質が付着している物をネズミがかじったことによる影響の可能性の2点が考えられる。

 いずれの可能性も、想像の域を出ることはない。

答えを知っているはずの、ネズミは、語ることはない。

このネズミを発見してから、約1週間になるが、新たなネズミは、見ていない。 もしかしたら、別の部屋では、同じことが起きているのかもしれない。

 

 このネズミ1匹をとっても、カメムシ同様に、異臭が、原因であるともないとも言えない状況では、ある。

 ただはっきりしていることは、異臭が発生した2018年4月中旬以降に、自宅内では、鳥、カメムシ、および、ネズミと3つの命が消えているという事実だけである。

 この事実をみると、自宅の異臭原因物質が、安全なのかどうなのかという点は、疑問に感じずにはいられない。また、もし自分が、自宅で生活していたならば、このネズミと同じ姿になっていたのかもしれないという考えが、ふと頭をよぎり、背筋が凍った。

 

 

 現在、自宅の異臭原因を特定していただける方を募集しております。

よろしくお願いいたします。

nbiru1869.hatenablog.com

 

自宅について~「調査対象の『自宅』は、どんな感じ?」~

調査対象の『自宅』は、どんな場所にあって、どんな建物か具体的にイメージできないと検討できないということもあると思います。

そこで、本記事では、以下の順で「自宅」について、お伝えします。

  1.  自宅所在地について
  2. 自宅周辺について
  3. 宅建物について

 

 

1.自宅所在地について

 自宅は、観光、社会の分野で、TVやニュースで話題になることがある静岡県東部の沼津市です。

(1)観光:

  ①海を資源とするもの―深海魚に特化した「沼津港深海水族館

             水族館の「三津シーパラダイス」

             「沼津御用邸記念公園」

  ②映像作品     ―アニメ作品『ラブライブ

                (市内のいたるところにポスターがあったり、駅前にカフェがあったりす

                 る。クラウドファンディングで制作したキャラクターのマンホールを設

                 置したところ、設置から数日で傷つけられてしまい、ニュースになった

                 ので、ご存知の方もいるかもしれません。)

              映画やドラマの撮影地になることもあるので、市内の様

              子は「どこかで見たことがあるかもしれない。」という

              場所もあるかと思います。

 (2)社会:

    ①沼津駅鉄道高架事業―何十年と推進or反対の議論がされてきた事業です。市

               の方針としては、推進に舵を切ることが決まりまし

               た。

               これから土地収用や鉄道高架本体および関連事業の

               大規模な公共事業が始まるようです。

    ②三井ショッピングパーク

     ららぽーと沼津開業― 2019年秋頃開業予定

                都市計画変更による市街化編入された30haの土地

                で現在、建設工事中です。

 

2.自宅周辺について

  自宅は、自宅の前を国道が通り、自宅裏にはJR線が通っているという、道路と線路のサンドイッチのような土地にあります。

 

3.自宅建物について

  自宅は、普通の戸建住居やマンションという形式ではありません。

  自宅は、もともと「3階建て貸事務所用のビル」の中にあります。

  ビルの2階と3階部分をリフォームして自宅にしました。

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

      

             

2018年8月~2018年11月:異臭との闘い㊵ー募集概要に掲載した植物のその後

2018年8月~現在

 今回は、募集概要で掲載した<自宅玄関前に植物を置いて観察>の植物の様子について、記すことにする。

 自宅玄関内側に、植物を置いて観察して、丁度3か月になる。

 ここで1度、観察記録をまとめておくことにする。

 

中間結果は、一部を残して、約1日で急激に枯れてしまった。

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

f:id:nbiru1869:20180912145047j:plain

 

 

1.植物設置の理由: 

 我が家の異臭は、2018年4月中旬から8月へと季節が、春から夏へと移っても、一向に収束せず、悪化しているのでは、とさえ思える時さえあった。自宅玄関を開ける瞬間から、喉の痛み等の体の不調をきたす重みをもった空気が襲ってくる。夏には、ムッとするような熱を帯びた中に初めて嗅ぐ臭いがある。

 ハロンガスマスクを着用しているにもかかわらず、自宅玄関扉を開けた瞬間から感じてしまう、臭いと刺激。

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 臭気が、階段ルームに充満するとは、一体どういうことなのだろうか?

 

 自宅室内の異臭は、階段ルームではなく、室内で発生している。

 異臭を最初に認識したのは、自宅室内である。この時期には、シックハウス症候群に言われる症状が出た。そのため、シックハウス調査を実施した。自宅内居住空間については、シックハウス調査を実施済みである。結果は、厚生労働省の指針内の数値だった。自宅内の異臭は、シックハウス原因物質以外である。そして、これが何かということが、不明である。

nbiru1869.hatenablog.com

 

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

 自宅は、階段ルームと居住空間が、ドアで仕切られている。部屋と階段ルーム間には、空気の移動が原則としてない。
 自宅玄関を開けた時に臭いを感じるということは、2つの可能性がある。

 

 第1に、自宅玄関から居住空間までの階段ルーム内に、自宅室内の異臭が漏れ出てきている可能性が考えられる。そして、室内の臭気が、飽和状態の可能性が考えられる。

 第2に、新たな異臭の一団が、階段ルームにのみ発生している可能性も考えられる。

 

 植物の設置は、階段ルームの空気の状態をなんとか知る方法はないかと考えた末に至ったものである。

 

 2.植物を選んだ理由:

 植物は、その生長過程において、周囲の環境に影響を受けやすい。

植物は、水と光と空気が欠ける場合には、枯れる。そして、水や空気が何らかの汚染を受けていれば、その成長過程において、葉や花に変化が出てくる。色のついていない水や空気の汚染状況を見るには、植物の変化が、可視化する手段の1つとなる。

 

 3.植物の設置場所:

 植物の設置場所は、階段ルームである。

 問題は、この階段ルームのどこに置くかということである。置く場所とすれば、2階との踊り場近く階段中間地点玄関すぐそばの3か所がある。

ここで、場所を決定するにあたっては、次のことを考慮した。

 

・植物設置場所の条件

   ①光が当たること

   ②自宅内立ち入りが、原則、3日に1回なので、自宅外から観察しやすいこと

   ③植物の水やりは、外でするので、運びやすい位置であること

 

 

 →設置場所の決定

   階段ルームの1階玄関部分

f:id:nbiru1869:20181026151936j:plain

 

4.植物の観察の開始~変化

 開始日:2018年8月13日

 観 察:毎日、自宅玄関外から観察し、写真撮影をする

f:id:nbiru1869:20181114011610j:plain

(撮影日:2018年8月13日)

 

f:id:nbiru1869:20181114011635j:plain

(撮影日:2018年8月14日)

 

 1か月後には、どうなったかというと……

 

1か月後の2018年9月12日の様子が、下の写真である。

f:id:nbiru1869:20181114011858j:plain

→全く変化なし

 

植物の変化は、観察開始~2018年9月までは、目に見える変化は、なかった。 

 

f:id:nbiru1869:20181114012402j:plain

(撮影日:2018年9月28日)

 

 しかし、変化は、突然現れた。

 

 それは、静岡県内では、停電が1週間近くも続いた地域が出たほどの台風が9月30日に通過した後の、2018年10月8日に、その変化が現れた。 

 

 まず、台風通過後の2018年10月1日の様子を見てみよう!

f:id:nbiru1869:20181114013248j:plain

 

 次に、変化前日2018年10月7日の様子から、見てみよう!

f:id:nbiru1869:20181114012304j:plain

 

1日経過後に、どうなったかというと……

 

f:id:nbiru1869:20181114012715j:plain

(撮影日:2018年10月8日)

→葉の色が、一気に茶褐色になった。 

 

 この日を境に、植物は、上部の一部分を緑に残して、あれよあれよと、みるみる枯れていった。

f:id:nbiru1869:20181114012946j:plain

 (撮影日:2018年10月9日)

 

ここから、1日経ると……更に、葉の色の変化が進行していった。

 

 

f:id:nbiru1869:20181114014415j:plain

(撮影日:2018年10月10日)

 

そして、この植物設置から2か月後の2018年10月13日には、こんな姿になった。

f:id:nbiru1869:20181114014740j:plain

f:id:nbiru1869:20181114014633j:plain

 

「この急激な変化は、一体どういうことなのだろうか?」

 

 植物に影響がでる程の環境変化があった可能性としては、2つのことが考えられる。

(1)環境変化は、台風通過前からあって、台風通過後に枯れるという結果が出た。

(2)環境変化は、台風通過前にはなく、台風通過後にでたことで、枯れるという結果が出た。

 

 また、植物が枯れる前後の時期に、階段ルームでは、ある変化があった。それは、階段ルームの2階と1階の中間の踊り場までの間で、何匹ものカメムシが動かない状態で発見されていた。

 

nbiru1869.hatenablog.com

 

nbiru1869.hatenablog.com

 
nbiru1869.hatenablog.com

 
nbiru1869.hatenablog.com

 

 

上記の点を考慮にいれた上で、枯れた原因として考えられるのは、次の3点である。

(1)台風による塩害

(2)植物自体の寿命

(3)階段ルーム内の空気の影響

 

 

(1)台風による塩害:

 植物が枯れたのは、台風通過後だから、「塩害では?」と思われるかもしれない。

しかし、この植物のいるのは、玄関内側である。植物が、直接塩害の影響を受けるとは考えづらい。葉には、塩害の街路樹がなるような葉が、白っぽい茶褐色とる症状が出ていない。

 

(2)植物自体の寿命

 この植物の場合は、植物の上部の茎を緑のままに残して、その他が枯れてしまった。

この上部の部分は、生長を続けている。したがって、植物自体の寿命で枯れたということでは、ない。

 

(3)階段ルーム内の空気の影響

  台風通過前後で、階段ルームの空気の状況がなんらかの変化した可能性は、ある。

 仮に、自宅室内と階段ルームの臭気原因物質は、同一のものが含まれているとする。

  異臭のする自宅内にある物は、湿度が高くなったり、温度が上昇したりした場合に、主観的にではあるが、喉に痛みを生じさせたりする臭気がある。階段ルーム内の変化は、階段ルーム内の湿度や温度変化が生じたことにより、自宅内同様の臭気物質に変化していることも考えられる。異臭物質は、人体においては、喉の痛みを引き起こす空気中の物質が、植物においては、枯れる程の強さであり、カメムシにとっては、死ぬほどの強さなのかもしれない。

 

5.観察結果(中間結果) 

 植物は、設置から約1.5か月後に、一部を残して茶褐色に枯れた。  

植物が、植物設置から1.5か月は、全く枯れなかったという事実は、階段ルームの空気は、植物に影響を与える程のものではなかったといえる。

 また、植物に変化が見られた約1.5か月経過後には、植物の周囲になんらかの環境変化があったことが推測される。

現在(2018年11月13日)の様子は、このような状態である。

f:id:nbiru1869:20181114013822j:plain

 植物は、現在も上部だけが生長を続けている。引き続き、その様子は、観察していくことにする。

 

f:id:nbiru1869:20181007120231p:plain