HELP ME!!  我が家の異臭騒動

このブログは、2018年4月中旬から突然自宅で始まった、異臭原因を特定していただける方を募集するために開設したものです。

異臭との闘い ~コース~

(投稿したら日付が変わってしまったので、正確には、昨日)

今、この記事を書いているQ)「9月12日は、何の日かご存知でしょうか」?

 

色々な種類の記念日になっていますが、「マラソンの日」もその1つ。

東京オリンピックまで約2年―日本の夏は、湿度が高く、気温が高い。今年は、40℃を観測した地点もあった。暑さは、体力を奪う。日本の夏の状況では、選手にとっては距離以上に体力との過酷な戦いになってしまう競技かもしれない。

そのフルマラソン競技の正式距離は、いつからオリンピックで採用されたのだろうか?

それは、1924年パリオリンピックからである。

この大会から、フルマラソンは、42.195キロメートルとなったそうだ。

では、そもそも誰がこの42.195キロメートルと決めたのだろう?

競技主催者かと思いきや、実はそうではない。この大会以前までは、どうやら40キロ目安として走っていないようなのだ。

この距離を決定したのは、1908年の大会にまで遡ってしまう。

この大会直前に、イギリスのアレクサンドラ王妃が、「ゴールは、私が見えるよう私の席の前にしてほしい」と希望したことから、距離が当初の40キロから延長されて、現在の距離となったそうだ。

私の臭いとの闘いも、マラソンのコースのように、スタート(臭気発生源)~ゴール(臭い消滅)と決まってはいる。

だが、なかなか、一筋縄ではいかせてくれず、自宅内を通過し自宅外の郵便受けや自家用車までが、コースに組み込まれてしまったアップダウンの激しいコースだ。

我が家の自宅の臭いの闘いマラソンコースは、対処法や検査をする途中の給水所が、給水テントしかなく、消臭の知恵や臭いの物質特定の手掛かりという水分補給が空っぽのコップに入っているだけである。

 

なかなかゴールが見えない。

給水所で、給水するものもないから、ゴールまで走るのも辛い。

それでも、『走れメロス』の主人公メロスのように走らなければ、事件を解決して闘いを収束させ、家族がごく当たり前の生活を送ることができる環境を整える信念はあるのかと問われたまま、異臭という名の王に、自宅、家族の日常、心にかけてくれている人達を身代わりにしたままとなってしまう。

 

2020年の東京オリンピックまでには、解決できるのだろうか?

 

その頃は、臭いなんて気にせずに、たぐいまれな能力と超人的な努力が相俟って世界から参加する選手たちを、心から応援したいものだ。

 

f:id:nbiru1869:20181007120231p:plain